3Dビューイングシステムと光学非接触測定機のワールド・リーダー|日本ヴィジョン・エンジニアリング株式会社
3Dビューイングシステムと
光学非接触測定機のワールド・リーダー

DRV-Z1 banner

ディープ・リアリティ・ビューアー 3Dデジタルプロジェクター

3D表示 ~ キャプチャ ~ 共有

立体イメージ観察に特化して設計されたDRV-Z1は、光学実体顕微鏡とデジタルマイクロスコープの優位性をユニークな一つのシステムにまとめたデュアル・ハイビジョン3Dデジタルマイクロスコープです。

DRV-Z1は片眼毎に独立したフルハイビジョン(FHD)のイメージセンサーをを備え、自然な高解像立体イメージをあなたの目の前に展開します。従来のデジタルマイクロスコープでは出来なかった拡大像の立体視という双眼でのみ可能な物体観察を当社独自の空間立体イメージ合成技術により、特別なメガネやヘッドセットなどを必要とすることなく実現した、デュアル・ハイビジョン 3Dデジタルマイクロスコープです。

エルゴノミクス設計されたDRV-Z1のビューイングヘッドは観察者に快適な観察姿勢、容易な視線調整、手先の自然な距離感や、必要に応じてメガネの着用など、人間工学的に高い自由度と快適性を提供し、観察の効率化や検査精度の向上など、生産性アップに貢献します。

分散されたオフィスや生産拠点間、またはサプライチェーンネットワークなど地理的に離れている業務環境では、立体イメージ情報をリアルタイムで共有することは困難でした。DRV-Z1は3D画像を3D画像のまま保存することができ、ネットワークを通じてリアルタイムに遠隔地間で同時に3D画像を保存・共有・再生することが可能です。

幅広い産業に適用: エレクトロニクス、航空宇宙、医療機器、自動車、精密工学、コンポジット/プラスチック、歯科技工、材料分析、ジュエリー/ダイヤモンド

flow chart

コラボレーションの新しいステージへ

DRV-Z1は世界初のワイドスクリーン3Dデジタルマイクロスコープであるだけでなく、3D画像データを立体イメージのままでネットワークを介してリモート観察したり、共有や保存することができるビューアー機能をご提供します。

DRV-Z1では観察イメージを左右独立した画像データとして処理し、3Dイメージを展開表示しています。これらのデータは適切に関連付けられ独立した情報としてネットワーク上で取り扱うことができ、遠隔地間で全く同じ3D画像をリモートで表示・キャプチャ・共有することが可能になります。

これによりまったく新しいステージのコラボレーション環境を構築する可能性を提供します。コンポーネント、部品、および製品の3D画像は、組織内または国際的なネットワークを越えて、会社の部門、顧客、製造元、設計者、および供給元の間でリアルタイムに表示できます。

これらの新しいレベルのコラボレーションは、地理的な障壁を取り除き、革新的な業務形態を可能にし、ラピッドプロトタイピングや品質管理などの重要な業務プロセスのスピードアップと効率化を図れます。

インターフェースに特別なものは必要ありません。一般的なネットワーク(LAN, Wi-Fi, WAN)があればご利用頂けます。

TriTeQのDRVシリーズには顕微鏡画像に留まらずCADデータ、MRI/CTスキャン、VR/アニメーション、建築ウォークスルーなど、幅広いアプリケーションのリソースを表示することが可能です。

なぜエルゴノミクスが重要なのでしょうか?

エルゴノミクス(人間工学) は人が製品を使い易いように、環境と製品を設計する科学です。作業環境と製品の快適性を改善すると生産性が向上します。

ヴィジョン・エンジニアリングにおいてのデザイン哲学は、エルゴノミクス(人間工学)を核としています。それはユーザーが体形にかかわらず快適な姿勢で利用できる製品を提供することです。さらに当社の製品は、目と手の感覚調整、作業効率の向上、エラー率の低下を促進すると共に、疲労や長期的な職業上の健康問題を引き起こす可能性のある要因を排除する製品設計を行います。

顕微鏡分析と操作に必要な機器との人の生理学的相互作用について、3つの重要な分野で検討がされています。

観察姿勢の自由度
TriTeQの空間立体イメージ合成技術は頭の動きを制限しないので、短期および長期の首と背中の負担を軽減します。 DRV-Z1はこの概念を新たなレベルに引き上げ、頭の動きの自由度を高めました。

被観察物の自然な見え方
DRV-Z1はワイドスクリーンでハイビジョン3Dイメージを提供し、ユーザーは接眼せずにシステム本体から離れて座ることを可能にすることでより肉眼で見ているような自然なビューを提供します。
ユーザーは普段通りメガネをかけてDRV-Z1の優れた画像を観察できます。

自然な視野と手先感覚
ヴィジョン・エンジニアリングの特許取得済み3Dビューイングテクノロジにより、観察者には、精密な検査作業、リワーク作業、修理、解剖など、拡大観察下の作業に不可欠な、自然な手先感覚ならびに周辺視野が確保されています。

DRV-Z1 ergonomic posture

立体感と生産性

DRV-Z1デジタルマイクロスコープは、自然な立体感と手先感覚で高精細3D観察環境をご提供します。

DRV-Z1 operator

長い作動距離と広いズーム比で幅広い産業用アプリケーションに適しています。電子部品・プリント基板の外観検査や修正、精密加工部品やツールの調整はもとより、航空宇宙、医療機器、コンポジット、プラスチック、歯科技工からバイオメディカル分野まで幅広く対応することができます。優れた立体感と奥行き感覚は拡大観察下での精密作業を効率良く行なうことができ生産性を大幅に改善します。

DRV-Z1は人間工学に基づいた製品設計がされています。

エルゴノミクスデザインは機器のセットアップや操作トレーニングを最低限とし、自然な姿勢で観察と作業に集中することができます。

システム構成と技術仕様

DRV-Z1デジタルマイクロスコープは、自然な立体感と手先感覚で高精細3D観察環境をご提供します。

DRV-Z1 dimensions

contact