M3

画像測定ソフトウェア

M3 光学&ビデオ測定ソフトウエアは、高度な3軸光学測定&画像測定環境を提供するヴィジョン・エンジニアリングのフラッグシップ測定ソフトウエア です。 豊富な幾何学的測定ツールとマルチタッチコントロールにより、光学&画像測定をシンプルなマニュアル操作からCNC自動測定プログラミングまで、あらゆる測定アプリケーションに対応した最先端測定ソフトウエアです。

  • Touch2Measure 次世代 「マルチ・タッチ」 メニューレス測定ソフトウエア
  • 分かりやすく直感的に操作できるインターフェイス
  • 常時実行可能なプログラミング自動記録ツール搭載
商品カテゴリー: 商品タグ:

画像測定ソフトウェア

PC ベースの MetLogix M3 計測ソフトウェアは、 卓越した操作環境であらゆる高度な計測ニーズにフレキシブルに対応可能です。

パートビューや画像マークアップ機能を利用して複雑な測定データの表示から外観画像まで簡単に表示でき、検査や測定工程を効率化することができます。

測定完了後は、様々なレポートフォーマットに簡単にデータをエクスポートできます。 迅速、 シンプル、多目的

特長

M3 Metlogix 画像測定および検査ソフトウェアは、パワフルな測定ソリューションをご提供します。 最適化された各種ツールを使って直感的に使用することで、測定やレポーティング作業を簡略化することができます。

熟練度を必要としない測定ソフトウエアナビゲーション

ソフトウェアは、オペレーターがソフトウェアを直感的に簡単に操作できるように設計されています。 人間工学的に最適化されたグラフィックユーザーインターフェースは、オペレーターに高度なトレーニングを必要とせず、誰にでもすぐ M3 ソフトウェアの機能を使いこなすことができます。

タッチスクリーンによるマルチタッチコントロール

従来のマウスインターフェイスに加え、タッチスクリーン上で「ピンチ」、「スワイプ」、などスマートフォンでお馴染みの操作でパン、ズーム、アクティブ部分ビューなどを行うことができます。

自動エッジ検出

M3 のマニュアル ティーチング機能を使えば、エッジ検出が難い画像や照明状態によるコントラスト不足の場合でも、容易に設定を再調整し、最適なエッジ検出を行なうことができます。

同軸、サブステージ、4分割リングライトは、オンスクリーンコントロールバーでワーク画像を最適に調整でき、幅広いアプリケーションに対応します。

照明レベル設定はプログラムに反映させて、プレイバック&リコールすることができます。

高度な画像プローブ ツールボックス

「Touct2Measure」のインテリジェントプローブはマウスでクリックするか、ワーク画像をタッチするだけでその形状を認識し、最適な測定機能を自動選択して測定を行います。 ビデオタッチプローブ機能を使うとワークの任意の測定箇所のエッジを自動検出し、事前に設定してあるポイント数で測定を行ないます。

柔軟性のあるマニュアルプローブ測定を実現するシンプルなDXF クロスヘアツールは、いつでもマニュアル作業に利用することができ、ビデオ画像内で移動させたり回転させたりすることができます。

ダイレクトコンパリソン機能 (アップグレードオプション)

  • CAD インポートオーバーレイ: CAD データをDXF ファイルでインポートし、画面上でワークのビデオ画像とオーバーレイ表示し、寸法比較並びに公差判定を行なうことができます。 ワークのビデオ画像上でオーバーレイを表示し、それを移動させる事で簡単に比較測定と公差範囲の確認ができます。
  • CADデータ生成: 画面上で公差範囲を示す円や直線、長方形を含むオンスクリーンオーバーレイ用のリファレンスを作成する機能があります。

グラフィックベースの「部分ビュー」作図と表示

パートビューとは、測定されたデータを元にワークの形状を作図し、CADデータのようにグラフィック表示する画面です。 パートビュー上で中心線や接線などの仮想線を追加することや、測定部位間の距離計測などの追加測定を自由にプログラムすることができます。

M3 光学・画像測定ソフトウェア パートビューマークアップ基本機能


M3光学・画像測定ソフトウェア パートビュー寸法マークアップ


M3 光学・画像測定ソフトウェア ビデオマークアップ機能

素早い注釈付け:

マーカー選択機能を使って一つまたは複数の測定箇所に任意の測定データや注釈を同時に挿入することができます。

被検物の詳細測定データのグラフィック表示

各測定部位毎に測定データ、各ポイントの分布、および基準値、偏差、公差データを表示します。

M3 光学・画像測定ソフトウェアの詳細機能

幾何学的公差管理

「feature-to-feature」ファッション、または「許容誤差の設定」を利用することで、被検物の測定、基準の設定、許容誤差の適用、公差エラー結果参照を行うことが可能です。

「位置公差の設定」を含む従来の幅広い許容範囲処理をサポートし、演算処理桁数を最適化することで生産性を高め、オペレータのエラーを軽減することができます。

M3 光学・画像測定ソフトウェア 公差レポート

回転&移動可能なクロスヘア

クロスヘアを被検物の上で動かしたり回転することで、迅速に測定することができます。 クロスヘアの色を変える機能により、クロスヘアと測定物とのコントラストを最適化し測定状況を見易くできます。

柔軟なレポーティング機能

測定結果表示、レポート印刷、エクスポート機能 それらをローカルまたはネットワーク上の Windows と互換性のあるプリンタで直接印刷したり、ローカルまたはネットワークストレージロケーションにエクスポートできます。 エスクポートできるデータフォーマット: CSV、TSV、TXT、DXF、European、公差および標準レポート。

M3 光学・画像測定ソフトウェア 公差レポート

ステージおよび光学キャリブレーション

すべての測定ステージは、工場出荷時点で非線形エラー補正 (NLEC) により校正されています。 また、ISO9000等の品質規格に適合し、国際相互承認協定(MRA)を通じて国家計量標準(NMS)の国際標準トレーサビリティに認証されています。

ソフトウェアの操作

ソフトウェアにはユーザーマニュアルと組込型ビデオチュートリアルが付属していいます。

仕様

構成

  • 2軸 測定
  • X-軸
  • Y-軸
  • Z-軸

操作性の特長

  • 「Touch2Measure」タッチスクリーン操作機能
  • パートビューや画像に簡単に追加できる注釈・編集機能
  • パートビュー作図・表示
  • 測定ワークの詳細グラフィック表示
  • ビデオエッジ自動検出
  • 高機能ビデオプローブ ツールボックス
  • 柔軟な公差設定
  • DXF オーバーレイ (オプション)
  • プログラマブル照明コントロール
  • ユーザーアカウントの管理
  • 豊富なレポートフォーマット
  • 非線形誤差補正

構造

  • 距離
  • 角度
  • スロット
  • 垂直線 / 平行線
  • ゲージサークル
  • ボルトサークル
  • スキューライン オフセット

幾何学的公差設定

  • X/Y/Z 位置
  • 直径/ 半径/ 長さ/ 幅のサイズ
  • フォーム
  • 平行度
  • 直角度
  • 直線度
  • 垂直度
  • 真円度
  • 同軸度
  • ランナウト
  • 選択した測定箇所のグループ公差

プログラミング

  • 自動ティーチングとマニュアルアルティーチ
  • 直感的に使用できるプログラム編集インターフェイス
  • CADデータからのの自動プログラム作成
  • 測定プログラムの自動記録とプレイバック

システム要件

  • 32-ビット Windows 7 オペレーティングシステム (32 または 64-ビット)
  • デュアルコアプロセッサー
  • 2GB メモリ
  • 250GB ドライブ
  • 2 つのスペア USB ポート

言語サポート

  • 英語
  • ドイツ語
  • フランス語
  • イタリア語
  • スペイン語
  • ポルトガル語
  • ロシア語
  • 中国語

アップグレード オプション

フィールドオブビューCADデータ直接比較機能ソフトウエアライセンス。 内訳:

  • カスタム DXF クロスヘア
  • DXF オーバーレイ
  • クリース機能ベースのビデオオーバーレイ
  • DXF へのデータエクスポート機能
  • ワーク形状パターン認識機能
  • ライブ画像のスクリーンショット機能

バージョン

マニュアル インターフェイスユニットと専用 PCは測定機本体仕様により最適なものをご提供致します。
CNC インターフェイスユニットと専用 PCは測定機本体と併せてご提供致します。
(M3 マニュアルユニットからはアップグレードできません)
注: ご用命の際には測定機本体仕様をご連絡いただく必要があります。