19 10月 2012

ステレオ検査システムを用いた快適な PCB リワーク ソリューション

ヴィジョン・エンジニアリングは、エレクトロニクスのリワークに理想的な光学検査システム シリーズを提供します。

ヴィジョン・エンジニアリングはエレクトロニクスのリワークに理想的な光学検査システム シリーズを提供します。

今日の PCB の多くで使われているクロスピッチでは、部品やはんだ接合部のリワークを手作業で行う際、拡大システムを使用することが不可欠になります。

部品やはんだ接合部を見ることで、オペレータの姿勢や目に疲労が生じ、その不快感から作業効率が低下します。 ヴィジョン・エンジニアリングは、実体顕微鏡の設計によりこれらの問題に対処しています。

オペレータは PCB の拡大画像を鮮明に見ながら、基板周辺ではんだごてを自由に動かす必要があります。 ヴィジョン・エンジニアリングの「業界で実証済み」の 2 つのソリューションが、マンティス検査拡大鏡とリンクス・ズーム式実体顕微鏡です。

低コストな人間工学に基づく実体顕微鏡

現在、マンティスはリワークの用途において世界中で数千台が使用されており、エレクトロニクス分野で非常に有益であることが証明されています。 マンティス実体顕微鏡は低コストで操作が簡単なため、以前はベンチ拡大鏡やヘッドマウントループが使われていた場面で使用することができます。

低コストなエルゴノミックな実体顕微鏡

ただしこれらのツールとは違い、マンティスはその利点である光学エルゴノミクスにより、ユーザーは頭部を自由に動かすことができるため、疲労を大幅に軽減することができます。

オペレータは素早く焦点を画像から部品に移すことができるため、目が疲れません。 マンティスを使って 2 倍の倍率で作業する場合、作動距離が 170mm 以上となり、これははんだごてを使用する際に理想的です。

はんだ付けに最適な顕微鏡下での驚くべき被写界深度

リンクス アドバンスズーム式実体顕微鏡

リンクス アドバンス ズーム式実体顕微鏡には、マンティスのメリットに高倍率と高い機能が追加されています。 3.5~20 の倍率、175mm ある作動距離はリワークに最適で、オペレータは PCB やはんだごてを顕微鏡の下で移動させることが可能になります。

また、リンクスの高い被写界深度なら、部品とはんだ接合部に高低差があっても、はんだ付けした部品を鮮明かつ高コントラストな画像で見ることができます。

オプションの傾斜ビューイング アクセサリーにより、様々な角度から部品を見ることができるようになり、部品全体の検査が可能になりました。

製品についてのお問い合わせは:045-935-1117

Copyright © 2015 Vision Engineering Ltd | サイトマップ | 個人情報保護方針 | 法令