エルゴノミック ステレオ ビューアーのガラススルーザレンズ並みの鮮明さ

Moores Glassworks はマンティスやリンクス光学検査システムを利用して、幅広い用途に使用される幅広い特殊ガラス製品や固有部品を形成する射出成形プラスチック商品を検査しています。

ガラス製品製造

Moores Glassworks は、約 40 年にわたり産業用アプリケーションのガラス製品の設計・製造に従事しています。 ガラス製品は、特殊部品の幅広い要求に応える為、社内のエンジニア向けにカスタマイズされた特別仕様の機械を使って製造されます。

旋盤などの機械は新しいチャック、バーナー、ギアやコントロールを使って変換され、ユニークで高品質な性能の部品を生産する目的で器機は完全に改造されます。 高い技術と経験を持つ技術者がいる利点は、クライアントの要件に素早く競争性の高い形でカスタムメイド サービスを提供できることにあります。

Moores Glassworks

改造された機械を使って現場で製作された一般的な主部品には、鉛やコーディアルガラスで出来たマルチピンベースがあります。

マルチピンベースは電子管の中で使用され、クライアントが求める正確な構成を維持しながらも、量産が必要となります。 これらは、X 線管、光電子増倍管、陰極線管、中空陰極ランプおよびその他の専門管などすべてのタイプの電子管に使用されています。

この厳しい検査によって欠陥商品が発送されるのを防ぐことができ、最高水準の製品を保証できるのです。

「生産中に発生する欠陥を検知するのに、我々は検査工程に大いに頼っています。 生産工程の一部で機械を使い、残りは手作業で行っています。 そのため、厳しく細かい検査工程が必要になります」。

生産工程における光学検査

オペレーターは図面やデータシートに従ってダイセットを正しく選択し、ピンチ器に取り付けます。 オペレーターは、この生産段階を完了するのに必要な全ての関連する材料を取得した後、特殊技術と経験を適用してクライアントの求める正確な構成に従って適格な数量を生産します。 この工程において、オペレーターは満足のいく品質レベルが維持されていることを確認するために、ランダムに製品の検査を行います。

この生産工程段階に続いて、マルチピンベースのステムを焼き戻してひずみを訂正する必要があります。 この工程においてオーブン内の加熱室に事前セットされた温度は、名目上 525ºC です。 ひずみテストはアニール工程後、検査手順に従って行われます。

マンティス検査顕微鏡を使用する Moores Glassworks

最終的にステムは 78ºC で 32%の 酸で洗浄され、酢酸、硝酸と塩酸の光沢浸漬溶液中に浸漬されます。 この手順は、ガラスのステムがハードまたはソフトガラスで製作されているかによって変わります。

生産工程においては、ガラスを扱う性質上完全に実行しなければならない基本的要素があります。 ガラスの成分を結合させる際、正確な温度が不可欠となり、マルチピンベースのガラスの成分がその具体例です。

ガラスステムとガラスリングが正しい温度に加熱され、成分を融合するのに十分な圧力がかけられていることを確認する必要があります。 なぜなら、ガラスが正しい温度に加熱されないと、融合が起こらずガラスにキャピラリが形成されるためです。 この工程でキャピラリが形成されると、そこから漏れが発生する可能性があり、最終的にバルブに密封された時に、キャピラリによってバルブが柔らかくなることがあります。 これにより、パネル部門のバルブ全てに欠陥が生じる可能性があります。

生産性の向上

検査基準には、ステムの接合部のチェックだけでなく、ガラスから金属シール (別名:ディンプル) 内のベント、取り付けを誤ったピン、バブル、チップや黒線などのその他の欠陥の検査が含まれます。これを実行するために、Moores は 2 台のマンティスステレオビューアーとリンクスステレオ光学検査システムに投資しました。

「顧客に素早いターンアラウンドタイムを提供できることを自負するには、正確で操作の簡単な検査器機に頼る必要があります。 さらに、ヴィジョン・エンジニアリングの検査システムは、「アイピースレス」技術、「生産性向上」を実現する人間工学に基づいた利点をチームに提供しています」

品質規制がますます厳しくなり、生産性の向上に対するプレッシャーが高まる中、そのような手順を実行できる品質工程、ツール、器機に頼る必要があります。

Moore のガラス製品にはヴィジョン・エンジニアリングの 2 つのステレオ光学システムが組み込まれており、これによりオペレータは人間工学に基づいた利点を生かし、目を疲れさせることなく検査を行うことができます。

産業用途向けの幅広いガラス製品は、アイピースレス顕微鏡で検査されます。 Moore は、ガラス製品の範囲を拡大し、クライアントに複雑な構成の幅広い部品を提供する上で、検査工程は今後も製品の品質管理において重要な手順となります。

製品についてのお問い合わせは:045-935-1117

Copyright © 2015 Vision Engineering Ltd | サイトマップ | 個人情報保護方針 | 法令