光学計測のご紹介...サイズがすべて

重要な測定キットを探し求める場合、失敗がなく瞬時に合否が分かる正確な測定のできる優れた計測システムが魅力的です。

しかしながら、システムに掛けたコストで決まるものではなく、また、必ずしも期待された精度を達成できるとも限りません。

測定の対象

測定する対象が重要になります。 優れた光学測定顕微鏡に投資することで、サブ 10 ミクロンの精度で部品を測定し、さらに、精度を妥協することなく予算を節約可能となります。

部品が小さくなるにつれて、部品を素早く検査することが困難になってきているだけでなく、表面の特徴を検査したり、医療機器などの部品には極めて重要な非接触測定を行うことができないため、CMM はあまり効率的ではなくなってきています。

CMM では不可能な検査

光学測定顕微鏡なら、CMM を使って出来ない表面の特徴検査が可能になります。 これは高倍率のおかげであり、肉眼では見ることができない特徴や表面の特徴を検査できるようになります。

ルーチン測定の際に表面の特徴を検査することができるということは、コーティングの品質、バリや傷などの機械加工での欠陥を検査できることを意味しています。

光学測定顕微鏡では、顕微鏡分析、純粋な光学画像と最高の画像認識システム、すなわち人の脳を使用します。 これらを組み合わせることで、とりわけ見えづらい部品や複雑な機能で非常に高精度な測定を実現します。

ビデオ測定を選択肢として取り入れることをお考えですか?

もう一つの選択肢として、ビデオ測定システムがありますが、ビデオシステムでさえ、光学システムと同じような忠実性を手に入れることはできません。

今日利用可能な、光学解像度とビデオ解像度のしきい値を埋めてきたビデオシステム用のより高密度なチップでも、ビデオシステムでは光学システムで見えるものを再現することはできません。

ビデオシステムの画質はより高品質のチップに改善されていますが、画像を生成するために必要となる光の波長により、チップをどれだけ小さくできるかには限界があります。

光学画像と同様に、色再現がすでになされているため、ビデオシステムの時のように正確な色再現を見るためにスクリーンを調整したり校正する必要はありません。

ホワイトバランスも、一つのビデオシステムでコンポーネント部品のカタログを測定する場合、特に問題になる可能性があります。 反射率の高い合金には、ホワイトバランスの微調整が必要であり、注意が足りないと、測定に向けてしっかりと輪郭を捉えるためにカメラ設定に膨大な時間を費やすことになります。一方光学システムなら、単純にクロスケアを使って目で見たものをすぐに映し出すことができます。

概略

つまり、優れた光学システムは、CMM よりも設置面積が小さくすみ、多くの場合、少ないコストで済みます。

サブ 10 ミクロンの正確性を必要とし、通常肉眼では見えない特徴を測定する場合、光学システムは最適なスターティング ポイントです。

表面の特徴を検査する必要があり、重要な部品が変形する危険がある場合は、光学システムの検討をお勧めします。 これらの要素に加えて、部品のコントラストが低く、輪郭がはっきりしておらず複雑であるにもかかわらず、色再現が同様に重要となる場合は、光学システムが唯一の選択肢となるかもしれません。 目で見えるものは、必ず測定できます!

製品についてのお問い合わせは:045-935-1117

Copyright © 2015 Vision Engineering Ltd | サイトマップ | 個人情報保護方針 | 法令