腕時計製作

デジタル腕時計が発売されたとき、当初は投資になりうると考えられていましたが、皮肉なことに、機械時計が変わらず長年愛用されています。

手作業により完璧なまでに組み立てられた時計は長持ちすることが保証されており、要求の厳しい顧客の期待を超えるよう、要件に合わせて設計されることもよくあります。

では、通常ミクロン単位しか離れていない多くの部品をどのように組み合わせて、正確に動かせているのでしょうか?

精密な高級腕時計の製作

成功の鍵を握るのは、時計製作時に用いられるプロセス、技術、技法です。 腕時計製作に無縁のもの、それが自動化です。

腕時計製作では、すべての部品が廃棄物の細部まで監視・機械加工され、貴金属を機械加工してきめ細かく作り上げられた部品が使用されます。 つまり、廃棄物が最小限に抑えられているということは、部品の機械加工が完璧に正確に行われていることを意味します。

出荷前の最終段階で行われる品質管理手順が製作工程において重要になります。 正確な測定検査が厳格な品質管理手順の鍵となります。

精密に設計された腕時計部品の測定

この段階において、測定は大変重要となり、部品が非常に小さく複雑なため、この用途では非接触法の使用が必須となります。

腕時計部品の測定

多くのが大手名門時計メーカーが、ヴィジョン·エンジニアリングのホーク測定顕微鏡の精度、反復性、再現性のメリットを活用しています。

ホークは光学のみを用いた非接触測定システムであるため、エンジニアは部品の人工画像を分解する必要がありません。これは筒車と筒カナが滑らかに動く距離でピボット穴を決定するために時計盤を測定する際に特に重要になります。

ご存知の通り、腕時計製作では、筒車と筒カナが正常に作動し、脱進機に対してトルクを低く設置することが重要となります。

正確に時を刻み、作動する時計を作るためには、筒車と筒カナの直径が重要となるだけでなく、ギアの付いたピボット穴の位置も同様に大切になります。

こうした腕時計部品は非接触法によって一つずつ機械加工され、ミクロン単位で測定されます。これにより、エンジニアは腕時計部品を組み立てる前に部品が適合するかどうかを判断することができるのです。 小型コンポーネント部品の測定には、接触方式は適切ではありません。

精密機械加工が施された腕時計部品

こうした精密な腕時計の構成部品は壊れやすく、またサイズが非常に小さいため、拡大鏡を使ってエンジニアは手作業で組み立てるのが普通です。

ヴィジョン・エンジニアリングのマンティスやリンクス実体顕微鏡は、エルゴノミクス設計により、目に緊張や疲労を起こすことなく実行できます。

長い作動距離や優れた被写界深度と視野により、これら部品の検査組立が簡単かつより効率的に実施できます。

マンティス Elite-Cam には、エンジニアが損傷などの不良を検査できるカメラが備わっているだけでなく、最高基準と比較できるようにレポート作成やファイル共有などの品質管理用に画像をキャプチャできるというメリットもあります。

光学、デジタル、デュアル測定システムのメリット

非接触光学測定こそが小型の精密部品を測定するのに最良の方法です。 これにより、測定シーケンス中に変形が起こっていないかどうかを確認でき、また、エッジが見えづらい部品も簡単に測定を行うことができます。

時計の文字盤の数字の位置の測定だけでなく、部品の寸法測定にも、光学測定システムが使用されています。

さらに、高級時計は偽造されることが大変多いため、ロゴの位置もミクロン単位の正確さで測定されます。

寸法測定対象となるその他の部分には時計の針があります。腕時計の機械の中で使用されるルビーなどの石も、正確な場所に配置する必要があります。

石の位置がミクロン単位でずれていた場合、腕時計が数秒ずづ狂い、数ヶ月後には数分狂ってしまうことになります。

ビデオ測定システムは、高精度の腕時計部品の寸法測定にも使用されています。 光学系ではなくビデオを使って測定を行うかどうかは、通常品質管理を行うエンジニアの個人的な好みによります。

ヴィジョン・エンジニアリングはビデオと光学測定システムの両方を販売しており、スウィフトデュオ (2-軸) や ホーク デュオ (3-軸) など、両方のフォーマットで測定できるものもあります。

キーポイント

アプリケーション例

  • 電気通信部品の測定
  • PCB 検査
  • バリ取り

製品についてのお問い合わせは:045-935-1117

Copyright © 2015 Vision Engineering Ltd | サイトマップ | 個人情報保護方針 | 法令