テレコミュニケーション

社会的、文化的、政治的活動の最も重要なものの一つとして、テレコミュニケーションは常に変化しています。 競争の激化や新技術により、従来の市内・長距離電話サービスだけでなく、ワイヤレス、モバイル通信、インターネット、光ファイバーや衛星を含むテクノロジーベースのサービスも急速な進化を遂げています。

ネットワークケーブルとコネクタ
テレコミュニケーション システムや器機を必要に応じて作動させるために、メーカーは製品の部品が最高の品質で効率的な性能を有していることを確認する必要があります。 そのため、部品の目視検査や寸法測定もに、製造工程において重要となります。

電気通信部品の厳格な検査

潜在的な表面の欠陥を検出・検査するのに最も広く用いられている方法が目視検査です。 納入時、製造時、または最終検査時に、電気通信部品が問題なく機能することを確認するために、厳密な検査を行う必要があります。

マンティス・コンパクトとマンティス・エリート実体顕微鏡は、コネクタ、PCB、絶縁装置、変換器、光ファイバ束やその他の多くの電気通信部品の目視検査に非常に貴重なツールであることが実証されています。 バリ取りのアプリケーションやコネクタ中のピンの目視検査など、疲労のない観察や優れた画像の提供によって、生産性の向上、廃棄率の低下が実現しました。

電気通信部品の寸法測定

部品の品質や性能確保のためにメーカーはアナリストを採用して、製品が国際的な業界基準に準拠していることを確認するために様々なテストを実施しています。 部品が設計図や CAD ファイルにある仕様を満たしているかどうかを確かめるために、様々な寸法を測定する必要があります。

テレコミュニケーション業界が進化するにつれ、部品がますます小さく複雑になり、測定が困難になってきています。 そのため、メーカーは製造工程のこの重要な段階における効率と精度を向上させる方法を模索しています。

様々なメーカーの携帯電話
世界的に有名な数多くの携帯電話メーカーとそのサプライヤーが、様々な小型で複雑なエレクトロニクスや機械部品の測定にヴィジョン·エンジニアリングのホーク・システムを使用しています。 測定された部品が厳しい公差内に収まり、目的に合っていることを確認しなければなりません。

ホーク・シリーズの光学およびビデオ非接触測定システムは高い精度と再現性を実現しています。 シンプルな 2-軸光学測定顕微鏡や 3-軸ビデオ エッジ ディテクション測定システムなど、すべてのホーク システムに特許取得済みのダイナスコープ ヘッドが装備されているため、詳しい目視検査を同時に実施することができます。

バッチ検査と公差準拠

ホーク測定システムが使用される一般的な例として、バッチサンプルを検査や計測、形状公差に問題があると疑われる場合に行われる携帯電話コネクタの検査が挙げられます。

オペレータは、金型の再設定が必要かどうかを判断するために、ランダムに機械からコネクタを取り除き、ポイントごとの測定 (プログラミングなし) を行うことができます。 他の施設に結果を電子メールで送信する機能を持つ画像の取り込みソフトウェア QC200 を使えば、トレーニング/比較や傷金のサイズの検査が可能になります。

キーポイント

  • 検査
  • 測定
  • 不良品検出
  • 品質管理
  • 繰り返し性
  • 寸法精度
  • 生産性向上
  • スクラップ率低減

アプリケーション例

  • 電気通信部品の測定
  • PCB 検査
  • バリ取り

製品についてのお問い合わせは:045-935-1117