医療機器

医療機器産業は、歯科用機器、診断機器、心血管機器、手術用機器、医療機器、眼科用機器、整形外科機器、呼吸機器など、患者治療に使用される様々な製品を取り扱っています。

医療機器メーカーは患者の安全性を最優先するために、自社製品が基準を満たしていることを徹底して確認する必要があります。 最高の品質基準を確保するためには、品質管理が製造プロセスにおいて重要な役割を果たします。

医療機器の精密検査

ステント医療機器

ほとんどの品質検査では、バリやほこりカスなどの表面の不良を徹底的に調べる必要があります。

医療機器部品は、100% 検査をすることが不可欠であり、すべての製品があらゆる製品仕様を満たした状態で出荷されていることを確認する必要があります。

ヴィジョン・エンジニアリングのリンクスズーム付き実体顕微鏡やマンティス実体顕微鏡は、医療機器の精密検査用として世界中で使用されています。

ヴィジョン・エンジニアリングの実態顕微鏡は、英国で設計・製造され、ステント、針、カテーテル、眼科機器の検査など、あらゆる分野の重要部品の検査に優れた光学性能をもたらします。 サンプルの表面や裏面の小さな欠陥を発見ために必要となる高コントラストな画像を映し出します。

マンティスエリート顕微鏡の主要なセールスポイントの一つが、ユーザーが調整しなくても、迅速かつ簡単にアイテムをリワークできる長い作動距離です。

例えば、バリを除去する必要がある場合、マンティスエリートと低倍率の対物レンズと高倍率の対物レンズを同時に装備したタレットを切り替えることで、簡単にこれを行うことができます。 これにより、検査中やリワーク中にユーザーは倍率の切り替えを簡単に行うことができます。

医療機器の重要な寸法測定

すべての部品が医療機器のコンポーネントに求められる厳しい要件を満たすよう、医療機器の構成部品では寸法の正確性が非常に重要となります。これは、素材がプラスチックであれ、ゴムであれ、金属であれ同じです。

正確な寸法を実現するためにプローブを使用すると、特に複雑で精密な機能を備えた小型なものである場合、部品が変形するリスクを伴います。

この変形をなくし、かつ一貫性と再現性の高い測定を可能にするために、ヴィジョン・エンジニアリングの非接触測定システムは、X、Y、 Z 軸において正確な再現性を実現します。

世界中の医療機器大手メーカーに使用されている当社のシステムは、特定のニーズに合わせて構成できる多用途性を備えています。 例えば一般的な要件として、光学系および/またはビデオの組み合わせ、手動および/または自動測定、マクロまたはミクロ倍率などが挙げられます。

ケーススタディー

キーポイント

  • 検査
  • 測定
  • 不良品検出
  • 品質管理
  • 製造
  • 研究開発
  • 高コントラスト画像
  • 寸法精度

アプリケーション例

  • 膝および股関節インプラントの検査
  • マンティス接触レンズチェッカー
  • 医療用内視鏡の組み立て
  • 注射針の測定
  • カテーテルの測定
  • ステントのバリおよび表面コーティング目視検査
  • ステント挿入に使用される可撓性チューブの測定
  • 皮下注射梱包検査
  • 人工中耳の検査
  • 歯科ドリルの寸法測定
  • 壁の厚さとプラスチック ハウジング内径の寸法測定
  • 殺菌および洗浄

製品についてのお問い合わせは:045-935-1117

Copyright © 2015 Vision Engineering Ltd | サイトマップ | 個人情報保護方針 | 法令