宝飾品

宝飾品は、西洋からアジアまで多くの文化圏で投資や富の象徴とされています。 宝飾品は、ステータスにおいて重要な役割を果たし、文化によっては、記念日の贈り物、愛情や献身の象徴となっています。

こうした理由から、宝飾品は我々の生活のあらゆるる場面で重視され、世界中で製造されています。 高価な合金や宝石には、繊細な手作業が欠かせません。こうした作業には、マンティス・ステレオ顕微鏡のような拡大鏡を必ず必要になります。

検査、組立、研磨や修理など、幅広い作業で拡大鏡が使用されています。 手作りの宝飾品にはシャンク留めや爪留めと宝石留めの爪をはんだ付けする必要があります。

宝石

ジュエリー ダイヤモンド リング

宝石は非常に貴重なものであり、最終的に高級店や高級デザイナーブティックで販売されるまでに、10 回も持ち主が変わります。

宝石は、偽造されたり、インクルージョンがない状態になるほどまでに加工されることもよくあります。しかしこうした宝石は、原石の本来の姿を失っています。

マンティス検査顕微鏡は、インクルージョン、色、コントラストを検査したり、過度に加熱され、処理された石を鑑定するための手助けとしても使用されます。

タンザナイトやブルーダイヤモンドのような特定の宝石では、UV 照明を使って特有のインクルージョンを調べることで、偽物かどうかを鑑定することができます。

宝石が固定される場合には拡大鏡が必要になることが多いため、長い作動距離を有したマンティス アイピースレス顕微鏡は宝石の爪留め作業に理想的です。

2 種類の異なる倍率の対物レンズを素早く交換できるタレットを装備したマンティス エリートなら、指輪のリサイズなどの修理やはんだ付けを簡単に行うことができます。

貴重な芸術品の復元

繊細な作業としばしば高価な材料が用いられる貴重な芸術品の修復にも拡大鏡が必要となります。 歴史的価値がある作品には、法律上貿易制限のあるべっ甲や象牙が使われていることも多く、既存の材料を使っての修復が重要であり、また多大なコストがかかります。 こうした理由から、エラーを軽減するために各ステージで拡大鏡が使用されています。

刻印は、マンティス実体顕微鏡を使ってしばしば施されます。

美術的絵画の修復や洗浄にも、通常 マンティス エリートなどの拡大鏡や顕微鏡が使われています。 芸術家や技術者が芸術品に熱の影響を与えることなく修復が行えるため、冷光 LED が極めて重要な役割を果たしているのです。

マンティスはこのような用途に理想的です。なぜなら UV 照明は通常 UV で照らされるとキャンバスに浮かび上がる合成素材に通常含まれる新しい塗料の化学組成を特定するのに役に立つからです。 フロアースタンドなどのスタンドオプションを使えば、絵画の修復作業をより簡単に行うことができます。

装飾品用途向けにマンティスを使用するメリット

マンティス実体顕微鏡は、ベンチ拡大鏡と顕微鏡のギャップを埋めるものです。エルゴノミックなビューイングヘッドにより、従来の顕微鏡の双眼レンズではなく、ビューアーを使って拡大作業を行うことができます。

目の緊張と疲労がビューイングヘッドで最小限に抑えられる人間工学に基づいて設計されたマンティスがあれば、装飾品職人は長時間正確に作業できるようになります。

その他の利点としては、大きな被写界深度、部品の上下を同時に検査できる点、視野が広いため幅の広い部品を同時に検査できる点、作動距離が長いためはんだごてやプライヤなどの道具を顕微鏡下で使用できる点などが挙げられます。

キーポイント

  • 検査
  • 品質
  • 宝飾品制作

アプリケーション例

  • 宝石の取り付け
  • 宝飾品制作
  • 宝石鑑定
  • ダイヤモンドの鑑定

製品についてのお問い合わせは:045-935-1117

Copyright © 2015 Vision Engineering Ltd | サイトマップ | 個人情報保護方針 | 法令