毛髪移植 / 復元手術

ルックスを重視する傾向より、この種の美容整形が広まっており、多くの文化圏でルックスや外見に費やされる費用も増大しています。 また、ルックス重視の傾向が主流になる中で、毛髪植毛などの男性向け美容整形への投資も高まっています。

毛髪移植について

毛髪復元や毛髪移植のプロセスでは、頭部で毛髪が生えている別の場所から毛包を取り出さなければならず、この作業には注意と正確性が求められます。

最新の毛髪移植手術では、それぞれ 1~4 本の毛髪を含む 1500 の移植片を頭部の恵皮部に移植します。 移植片は患者の後頭部から取り除かれた恵皮部から作られます。

一片は通常、幅 9mm~12mm、長さ 75mm 以上で、必要となる恵皮部移植片の数によって変わります。 一旦移植片が除去されると、かなり詳しい検査を行わない限り、その塞がった傷は目では見えません。

毛髪復元にマンティス顕微鏡が必要な理由

毛髪移植 / 復元手術

患者に対してこうした作業を行えるようになるには、当然様々なトレーニングが必要になります。

ニースの大学医学部 (パスツール病院内) の解剖学研究所では、通常、外科医は頭部前方の移植部分に毛包を一つずつ移植しています。 その毛包ユニットは看護師が顕微鏡を使って一つずつ剥がします。

この骨の折れる作業にマンティス顕微鏡が利用されており、作業には 8 時間かかることもあるため、精度と生産性の両方を維持するためには、快適性が不可欠となります。人間工学に基づくデザインにより、顕微鏡を快適に使用するアプローチが実現しました。

エルゴノミクス以上の機能

マンティス顕微鏡で検査を受ける毛包

オペレータの疲労を軽減する上でエルゴノミックな設計は重要になりますが、看護師や外科医が自由にすべてのツールを使用することができるようにするためには、長い作動距離も同様に重要となります。

マンティスの LED 照明は熱を帯びないため、毛包の温度を上昇させません。

マンティス・エリートの一製品であるマンティス Elite-Camにはデジタルカメラが内蔵されており、トレーニング中にキャプチャが可能なため、工程をドキュメント化して、サンプルの良し悪しを報告・共有することができます。

毛髪復元にマンティスが使用されているその他の例

顕微鏡による毛包の解剖

マンティスは毛髪移植のトレーニングに使用されるだけでなく、そのエルゴノミックなメリットから数千台のマンティスが毛髪移植業界で販売されています。

マンティス検査顕微鏡は、毛髪移植業界で人気を博しており、ノースマイアミビーチのレーザーヘア研究所、フロリダ州クリアウォーターのヘアセンター、およびもちろんトゥーソンの毛髪研究所を含む世界でもトップクラスの診療所で使用されています。 奥行のある感覚、照明、色再現が、移植片を簡単に、素早くそして正確に扱うには重要なのです。

マンティス顕微鏡ユーザーの毛髪移植に対する考え

Wimpole クリニックでは、医療技術者たちと外科医である Michael May 医師がマンティス・ユニットを愛用しています。

外科医 Michael May 医師

マンティスは使いやすいため、私たちの作業状況は明らかに改善されています。また、患者に対してさらに効率的なサービスを提供できるようになりました。

奥行のある感覚、照明、色再現が、移植片を簡単に、素早くそして正確に扱うには重要なのです。 トゥーソンにある毛髪研究所に勤務する Bill Eck 氏はこう語っています。

トゥーソンにある毛髪研究所に勤務する Bill Eck 氏

ハンドフリーで作業できることは、もちろん、重要です。 以前は 2 倍の拡大鏡を使用していましたが、マンティスはより優れた画像と操作性を提供してくれています」

キーポイント

  • 奥行感覚と色再現に適した優れた鮮明度
  • 工程を文書化できる内蔵デジタルカメラ
  • オペレータの疲労軽減
  • ツール使用に適した長い作動距離
  • アイピースレス ビュアーによりオペレータが自由に頭部を動かすことが可能

製品についてのお問い合わせは:045-935-1117

Copyright © 2015 Vision Engineering Ltd | サイトマップ | 個人情報保護方針 | 法令