グリーン テクノロジー 

グリーン テクノロジー、クリーン テクノロジー、環境テクノロジーとは、太陽光発電 (PV)、ソーラーパワー、太陽熱エネルギー、風力タービン、バイオリアクター、水力、電気自動車や省エネモジュールなどの持続可能なエネルギー生成技術のことであり、

持続可能な開発がグリーンテクノロジーの中核をなしています。 そのため、環境にやさしい製品に組み込まれる部品の持続可能な品質管理を徹底することは重要なことであり、またプロセスにおいて必要不可欠なことです。

コンポーネントおよび部品の検査

菜種畑の風力発電タービンとソーラーパネル

太陽光発電や太陽光技術分野におけるあらゆる電子部品の検査と同様に、半導体やパネルなど、表面や構造の一般的検査は、必要とされる品質管理作業の一つです。

この業界の一部のメーカーは、産業用インバータや一般的な電力制御盤などのエレクトロニクス部品の品質検査ルーチン向けに、直視・傾斜ビューアクセサリを装備したリンクス ステレオズーム付き顕微鏡を利用しています。

また、完成モジュールや PV プラントの一部である各コンポーネントは多くの場合、マンティス ビューイング システムなどのヴィジョン·エンジニアリングのステレオ検査システムで検査されます。

これらの部品は、プラスチック、セラミックまたはアルミニウムなど、様々な異なる材料で作られています。 実体顕微鏡とステレオ検査システムは、細かい層の表面を調べるために研究開発分野でも使用されています。

世界でもユニークなヴィジョン・エンジニアリングのアイピースレス実体顕微鏡システムと実体顕微鏡の利点、またこれらのシステムが提供する優れたエルゴノミクス性能は、未来志向の産業セクターにおいて特に注目されています。

太陽光発電とソーラー機器の測定

PV やソーラー機器の規格や仕様の順守において、2 軸または 3 軸測定の追跡可能性の精度を確保することは、しばしば不可欠となっています。 組立・製造エリアでは、アプリケーションに最適なシステムやツールを提供する必要があります。 正常か不良 (合否) を手動で決定することが重要な場合もあるため、ハイエンドなプラットフォームが必ずしも必要となとは限りません。

ヴィジョン・エンジニアリングでは、お客様に合理的なソリューションを提供するために、あらゆる素材のあらゆるアプリケーション向けに幅広い非接触測定システム を提供しています。

この産業分野の有名企業が、光学および/またはビデオを組み合わせたスウィフト・デュオやホーク 3 軸測定システムを使用しています。

例えば、業界で使用される典型的な 2 つの測定アプリケーションとして以下が挙げられます。

  1. 太陽光発電/太陽電池モジュール搭載システム

    • アルミプロファイル断面の測定
    • 外形のエッジが目に見えるほど明確であることあはあまりありません。 そのため、企業はアイピースレスのビューイング技術を用いた手動式光学システムを使用することで、不鮮明なエッジを特定することができます。
  2. モジュールまたはソーラー機器

    • 太陽電池モジュールの製造工程における結果である望ましくないレーザー障害を測定。

キーポイント

  • 検査
  • 測定
  • 不良品検出
  • 品質管理
  • 製造
  • 組立
  • 研究開発
  • 調査・テスト
  • 寸法精度

アプリケーション例

  • 電子部品の検査 (モジュール全体の一部)
  • 電子制御パネルの品質管理
  • 半導体部品の目視検査
  • アルミプロファイルの測定 (マウンティング システム)
  • 製造工程が原因のレーザー欠陥の測定
  • 付属部品やコンポーネントの検査

製品についてのお問い合わせは:045-935-1117

Copyright © 2015 Vision Engineering Ltd | サイトマップ | 個人情報保護方針 | 法令