エレクトロニクス

高度な PCB (プリント基板) アセンブリのメーカーは、競争力のある価格の製品を製造すると同時に、顧客の品質に対する期待に応えることが成功に不可欠であることを理解しています。

PCB はんだ接合部検査

PCB 短路、PCB ボイド、開口部、ミスアライメント、アレイ チップ・パッケージのはんだの付き具合を確認することは非常に重要となります。 SMT (面実装技術) 回路アセンブリは 3 つの主要な工程から構成されています。

  • はんだペースト検査
  • 部品配置
  • ポスト リフロー検査

基板部品が小型化し、より多くの部品が PCB に実装できるようになるにつれて、顕微鏡の使用が不可欠になってきています。

正確な PCB 検査

PCB 製造のような繊細な作業には、信頼性の高い検査、 異なる接続の測定、ビアやクリアランスが製造中や製造後の優先事項となります。 品質を向上させ、アウトプットを高めるために、PCB 検査に顕微鏡が使用されています。

マンティス検査顕微鏡は FAI (先行品検査) で使用されており、製造された先行品が 100% 正常であることが保証されていることが必須となります。 この業界では、バッチの残りを処理する前に、SMT 組立ラインが最初から正しく作動していることを確認する必要があります。

マンティスステレオ拡大鏡は、電子機器の PCB 検査やリワークに理想的です

マンティスは、電子機器の PCB 検査やリワークに理想的なステレオ顕微鏡です。 マンティスの特許取得済みの光学ビューイングヘッドは優れた 3D 画像を実現し、さらに拡大作業に付きまとう疲労と目の疲れといった問題を解消する人間工学に基づくメリットを持ち合わせています。

PCB はんだ ショート 20

非常に長い作動距離は大きなメリットであり、エンジニアは顕微鏡レンズ、PCB、はんだごての間に十分なスペースがある利点を生かして、拡大してはんだ付けを行うことができます。 優れた光学系により、パッドや接合部を鮮明かつコントラストよくはんだ付けすることができます。

リンクス ズーム式顕微鏡で簡単になったSMT 検査

PCB には数百もの部品が実装されているため、基板が新製品である場合は特に (少なくとも) バッチ検査を行うことが重要になります。

異なる材料 (はんだ) と技術 (配置システムなど) の組み合わせで、先端部のはんだ濡れ不良、ペーストアライメント、ポップコーンクラック、接合部クラック、不完全なリフローなど欠陥も変わってきます。

リンクス ステレオ顕微鏡 なら、アクセサリの使用によりさらに検査を簡素化することができ、SMT/PCB 検査を簡単に行うことができます。 例えば、オプションであるリンクスの傾斜・直視ビュアーを使用すれば、実装された部品の周りを 回転して360° 表示でき、また簡単に従来の直視ビューに切り替えることもできます。

キーポイント

  • 検査
  • 測定
  • 品質管理
  • PCB ショート
  • PCB ボイド
  • リワーク
  • スルーホールはんだ付け

アプリケーション例

  • スルーホールはんだ付け
  • 表面マウント検査

製品についてのお問い合わせは:045-935-1117

Copyright © 2015 Vision Engineering Ltd | サイトマップ | 個人情報保護方針 | 法令