航空宇宙

世界の航空宇宙産業は大きく、商業用と防衛の 2 つのセクターに分類することができます。 共に、安全が重視される用途でコンポーネントが使用されるため、部品の検査が大変重要になります。

商業用航空宇宙セクターは、大型旅客機、地域航空機、軽飛行機 (ヘリコプターやビジネスジェットなど)、航空機エンジン、部品や補助装置、および商業人工衛星を製造する企業で構成されています。 主要なエンドユーザーは世界の航空産業であり、米国のボーイング社、欧州のエアバス社が市場を独占しています。

航空宇宙

防衛航空宇宙セクターは、航空機、エンジン、部品、機器、兵器システム、軍事衛星を製造する企業で構成されています。

大手企業には、ロッキードマーチン、ロールスロイス、エアバス、マーチン·ベイカー、ノースロップ·グラマン、レイセオン、ボーイング、ジェネラル ダイナミクス、BAE システムズなどがあります。 このセクターの需要は、防衛費によって左右されます。

下請け業者は、多様な部品を製造しており、センサー、コネクタやタービンブレード、電子システムに至るまで、多様な部品をこれらの航空宇宙会社に供給しています。

航空機部品の精密検査

航空宇宙会社は、下請業者から部品が納入されると、 納入品に対してリンクス光学検査システムを利用して検査を行います。

同様に、下請業者はリンクスやマンティスのような実体検査顕微鏡を利用して、原材料が航空宇宙会社に送られる前に最終検査の段階でそれらの検査を行います。

例えば、マンティスエリートを使って、塗装前にタービンブレードなどの機械部品に欠陥がないかどうか検査します。 通常、塗装は寿命や性能を最大限にする目的で、様々な温度、湿度、振動といった過酷な状況下に置かれる重要な部品に施されます。

マンティスは、タービンブレードや特にコア孔部に細かい塵や破片がないかどうかを塗装前に確認する際に使用することができます。 マンティスエリート顕微鏡の明視野照明を使って、エンジニアはボアやブラインドホールから部品の塗装準備が整ってているかどうかを確認することができます。

マンティス実体顕微鏡の長い作業距離により、エンジニアは、バリ取りが必要な場合には、タービンブレードの再加工に必要となるスペースや倍率を手に入れることが可能になります。

>

塗装検査に使用できる UV と白色 LED 照明

他の部品は鋳造されることが多いため、正しく設定され、鋳造中に細部や特質が失われていないことを確認するための検査が必要になります。

鋳造工程後に塗装も行われますが、その際、マンティスの UV と白色 LED 照明を使用することができます。 UV を使用することで、エンジニアは、亀裂を発見することができます。これは、部品が規格に沿って製造されているかを確認する上で非常に重要となります。

汚染や変形の防止

航空宇宙向けの部品の測定は重要であり、すべての部品を完全に検査することが必須となります。 多くの場合、汚染や変形を避けるために非接触測定が必要となります。

部品材料、特性の複雑性、部品サイズ、測定要件に応じて、ヴィジョン・エンジニアリングでは幅広い測定ソリューションを取り揃えています。

製品についてのお問い合わせは:045-935-1117

Copyright © 2015 Vision Engineering Ltd | サイトマップ | 個人情報保護方針 | 法令