ダイナスコープ Dynascope™ 「アイピースレステクノロジー」

1958 年に設立されたヴィジョン・エンジニアリングは、光学デザインイノベーションの輝かしい歴史を持ち、顕微鏡の光学性能と人間工学性能を向上させる数多くの光学技術で世界の特許を保有しています。

1970 年代中頃に初めて紹介された ダイナスコープ Dynascope™ 技術搭載の顕微鏡
1970 年代中頃に初めて紹介された
ダイナスコープ Dynascope™ 技術搭載の顕微鏡

1970 年中頃、ダイナスコープ Dynascope™ マルチレンチキュラー (マルチレンズ) 技術が初めて開発されたとき、世界にアイピースレス顕微鏡が登場し光学技術革命が起こりました。

それ以来、この技術は継続的に発展を遂げ、従来型の接眼レンズ付き顕微鏡の代替として人間工学に基づく使い易さを提供し続けてきました。

ダイナスコープ Dynascope™ アイピースレス顕微鏡デザイン

ダイナスコープ Dynascope™ アイピースレス顕微鏡技術の今
ダイナスコープ Dynascope™ アイピースレス
顕微鏡技術の今

ダイナスコープ Dynascope™ アイピースレス顕微鏡デザインによって人間工学技術がこれ以上なく活かされ、従来型の顕微鏡の接眼レンズが不要となり、優れた画像が提供されるようになりました。

人間工学技術を取入れた顕微鏡は、快適に使用でき眼精疲労が軽減されるだけではなく、重要なこととして、使い易さにも秀でています。 さらに、オペレータのために配慮された人間工学設計は、反復性のストレス障害のリスクを最小限に抑えます。 作業者の幸せは、高い生産性につながります。

顕微鏡の人間工学設計について詳しくはこちら »

ダイナスコープ Dynascope™ アイピースレス技術の人間工学的メリット

顕微鏡の人間工学技術
  • 人間工学に基づく体の姿勢
    ダイナスコープ Dynascope™ アイピースレス光学系は、他の装置では考えられないほど頭を自由に動かすことができ、辛い姿勢を我慢しなければならなかった従来型の顕微鏡とは異なり、人間工学に基づいた姿勢をとることができます。

 

顕微鏡の人間工学技術
  • 視覚の人間工学
    顕微鏡の接眼レンズから目を離すことができれば、周囲光が目に当ることで眼精疲労を和らげることができます。 観察者にとっては周辺視野が広がるため、手と目の動きが合せやすくなり、また必要に応じて眼鏡をかけることも可能になります。

 

レンチキュラーディスクとは何ですか?

レンティキュラーディスク リンクス(Lynx) ダイナスコープ Dynascope™ 技術
ヘキサゴナル配列レンチキュラー
350 万個以上のレンチキュール (レンズ)
スピニングマルチーレンチキュラー
(マルチレンズ) 光学ディスク

ヴィジョン・エンジニアリングの ダイナスコープ Dynascope™ アイピースレス技術 (特許取得済み) の中核は、スピニングマルチレンチキュラー (マルチレンズ) ディスクです。ディスクの表面には、350 万個を超える個別のレンズ (レンチキュールと呼ばれます) があり、それぞれが独立した画像形成を行います。 各レンズの直径はほんの数ミクロンです (1 ミクロン = 0.001mm)。

このマルチレンチキュラーディスクが高速で回転し無数の光路が結ばれ、収差のない鮮明な画像を生み出します。

ダイナスコープ Dynascope™ 光学系の仕組み

従来型の「アイピース型」顕微鏡では、観察対象の像が強く細い光のビーム (直径約 3mm) となって接眼レンズから出ます。 観察者は、像を見るためには目を正確に合せる必要があります。

スピニングマルチレンチキュラーディスクの役割は、この「アイピースから出る光」の直径を広げることです。

レンティキュラーディスク  リンクス(Lynx) ダイナスコープ Dynascope™ 技術

ダイナスコープ Dynascope™ の「アイピースレス」光学系 (特許取得済み)にはアイピースはありません、2 本の個別の光路がレンズ を通り、幅の広い双光路 (約 40mm) となって単一の観察レンズ(フィールドレンズ)から出てきます。

これらの光径の広い双光路がフィールドレンズから出てきますので観察者は対象物を見るために正確に目を合わせる必要ありません。 つまり、自由に動くことができるためにユーザーのエルゴノミクスが格段と改善され、首、背中、目の披露が軽減され、同時に作業の効率化と高い生産性が実現されます。

ダイナスコープ Dynascope™ アイピースレス技術の応用

顕微鏡のアイピースが不要になることで、ダイナスコープ Dynascope™ アイピースレス技術提供する沢山の優位点があります。

1. ダイナスコープ Dynascope™ アイピースレス顕微鏡のメリット

  • アイピースの操作・視度調整は不要! ビューアーを覗き込むだけ!

2. 驚異的な高精細イメージ

  • 高品位外観観察に最適 高解像度、高コントラスト画像で観察対象のディティールまで表示可能

3. 高度なエルゴノミクス性

  • 従来のアイピース型顕微鏡を人間工学に基づいて若干の改良をすることは可能ですが、 人間工学技術を基本として開発されたヴィジョン・エンジニアリングのアイピースレス顕微鏡が最も優れたエルゴノミック顕微鏡です。
  • 当社のアイピースレス顕微鏡が提供するオペレータの生産性と作業の質の向上は、多くの企業にとって顕微鏡を選ぶ際の重要な要素となるでしょう。
リンクス(Lynx)ダイナスコープ Dynascope™ アイピースレス実体顕微鏡
アイピースレスステレオ顕微鏡
ケストレル・エリート Kestrel Elite™ アイピースレス測定顕微鏡
アイピースレス測定顕微鏡

顕微鏡の人間工学設計について詳しくはこちら »

製品についてのお問い合わせは:045-935-1117

Copyright © 2015 Vision Engineering Ltd | サイトマップ | 個人情報保護方針 | 法令